• ホーム
  • ゾビラックスを利用する際にはその副作用に関しても知識を持ちましょう

ゾビラックスを利用する際にはその副作用に関しても知識を持ちましょう

病原体

ゾビラックスは、一般的な抗ウィルス薬と比較しても副作用がそれほど生じにくいものです。そのため、用量と用量を守っておけば深刻な副作用に悩まされることはありません。ただ、例外的に副作用が重くなってしまうこともありますので、正しい知識で使っていくことがとても大切です。

実際に症例のある副作用としては、下痢や軟便などが挙げられます。眩暈や眠気といった症状がでてくるのも特徴的で、これは血中に吸収されることと関連性があります。血液は、体の中を巡っていますので血中に吸収された有効成分は直接的に体内から作用します。そのため、血中を通して神経から影響を与えられやすい頭などに副作用が現れやすい傾向があります。

また、注意が必要なのがアナフィラキシーショックが存在することです。ごくまれにですが、有効成分などが身体的に全く合わないケースでは、ショック症状的に副作用が生じてしまう可能性を否定できません。急性腎不全や意識障害が生じることもありますので、この場合はすぐに医師に相談する必要があります。

ゾビラックスの有効成分は体内で代謝されて、尿として外部に排出されます。この代謝機能を司っているのが、腎臓です。そのため、最初から腎臓に疾患を抱えていたり内臓面にトラブルを持っている人は、他の人よりも効き目が異なったり副作用の出方に問題があるケースも存在するため注意が必要です。この作用を生じにくくするためには、飲み方を理解することも大切です。まず、ゾビラックスは飲み方に注意点があります。単純ヘルペスと性器ヘルペスへの対処法が異なっているため、どちらの症状になっているかで1回あたりの服用量が異なります。

特に問題なのが、性器ヘルペスを発症させた場合です。性器ヘルペスになっている場合は、症状を緩和させるために1回200mgを5回程度に分けて使わなくてはいけません。これを、継続的に5日から10日間程度行う必要があります。それ以上使うと、副作用が大きくなる可能性が存在します。ただ、症状が重症化している性器ヘルペスの場合は、1回あたりの用量を大きくして400mg程度にする必要があります。この場合は、1日2回のペースで最長で1年間程度は使い続ける必要があります。ヘルペスは、再発のリスクが存在するものであるため長期的に考えて計算しなくてはいけません。重症化したり、再発リスクが大きいときは、1日に何度も使うと将来的に副作用が生じやすくなる可能性もあるため十分な警戒が必要です。