• ホーム
  • ヘルペスに関しては定期的な検査が有用性を発揮することを知りましょう

ヘルペスに関しては定期的な検査が有用性を発揮することを知りましょう

悩んでいる男性

ヘルペスは、検査を行うことで比較的容易に状況を診断できるものです。例えば、性器ヘルペスなどで細かい検査を行うときには抗体検査を用いた方法が主流となっています。ですから、特に、性器ヘルペスを早期に治療したいときなどには非常に重宝します。

帯状疱疹については、見た目の症状で簡単に診断を行うこともできますがきちんとした検査法も用意されています。ウィルス分離法、ウィルス抗原検出法、そしてウィルス核酸検出法があります。性器ヘルペスにも同様の手段がありますので、1型や2型を問わずに正確に状況を診断できますので、安心して病院に相談できます。わかりやすい検査方法としては、蛍光抗体直接法というものが存在します。一般的には、ウィルスの状態をチェックするときに1型や2型などというタイプ別で診断を行えるわけではありません。これは、このウィルスそのものが1型と2型で同種だからです。

口唇ヘルペスや性器ヘルペスは、カテゴリーとしては分類可能な病気ですが同じ単純ヘルペスによって発症している点に違いはありません。症状が現れる部分に違いがあったり、感染規模やその範囲が異なることから見た目上の分類を行っているにすぎません。この点に関しては、帯状疱疹でも似たような点が存在します。口唇や性器、あるいは帯状疱疹はそれぞれの特徴を把握してHSV-1、HSV-2などという名称で専門的に分類されています。この細かな分類を正確にチェックすることができるのが、蛍光抗体直接法の大きな魅力です。HSVの型そのものをDNAレベルで確認することができますので、間違いのない診断を実施することが可能です。

そして、こういった事前の検査を定期的に行うことで、少なくとも性器ヘルペスについては早期に治療できる可能性がとても高くなります。この病状の深刻な点は、早期の治療や対策ができないと長い期間をかけて治療を行っていかなくてはならない点です。検査を受けておけば、そういったことをしなくても済むようになるので特に性器周辺の症状については絶大な効果を発揮します。また、事前に検査を行っておけばパートナーへの感染拡大を防ぐこともできます。性器ヘルペスについては、本人が自覚症状がないのが大きな問題です。いつのまにか相手に対して感染させるため、パートナーを傷つけたり、生まれてくる子供を傷つける結果に繋がります。そうならないようにするためにも、定期的な検査は非常に重要な対策になります。